子宮内膜症性卵巣嚢胞と診断されました

スポンサーリンク

先日MRI検査を受けて「子宮内膜症性卵巣嚢胞」と診断されました。
通称「チョコレート嚢胞」と言われてます。

子宮内膜症が卵巣内に出来て、月経のたびに子宮で起こる現象が卵巣の中で起こってしまい、
体外に排出されないために卵巣の中にたまって卵巣が大きくなっていく病気です。

 

40歳のときに子宮頸がん検診でひっかかって、定期的に経過観察の検診を受けてる過程で
卵巣が腫れてることがわかりました。

ずっと前から生理痛はひどくて、鎮痛薬は必ず飲まないと動けないほどでしたが、ここ最近は生理の始まる前から痛みだし、生理が終わるころにもまた痛むようになってました。
やはり子宮内膜症のせいだったのかもしれませんね。

 

婦人科のお医者さんは経過観察をしていって、10センチになったら手術だと言ってましたが、気になったのでいろいろネットで調べました。40代で大きさが5センチぐらいならガン化する可能性があるので、手術でとってしまったほうがいいみたいです。

薬もいろいろあるみたいですけど、どれも結構副作用がありそう。
この生理痛とおさらば出来るなら思いきってとっちゃったほうがいいのかなぁ。

 

でも、子宮も後ろに傾いてるからどこかに癒着してる可能性が高いって言われたから、卵巣とっただけでは治らないかも。MRI検査っていろんなことわかるんですね。
子宮内膜症、結構怖い病気ですね。原因はやっぱりストレスでしょうか・・・。

サブコンテンツ

このページの先頭へ